フォト
無料ブログはココログ

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »

間違い探し

1

2

今回のタービン交換に伴い、周辺パーツも少し変更しました。主にパイピング類です。まずサクションパイプ。タービンがT67-25Gになると吸気口が100パイになります。そもそもエアフロが80パイなのでエアフロを付けている限り、吸気抵抗となってしまいます。100パイのエアフロがあれば問題ないのですが、そんなものを探している位なら取っ払っちゃえ!ってことでDジェトロにしました。そもそもトラストのタービンキットが80パイのサクションが付属している自体納得できないのですが、まあエアフロ利用を前提にしてるとしょうがないんですかね。ワンオフで100パイのサクションを作成してもらいました。えぐい曲がりっぷり最高っす。
ついでに、インテークのパイピングも作っちゃいました。レイルのパイピングは60パイだったのですが、ここも70パイに拡大!曲げも最大限に押さえて作ってもらったので、かなりの効果ありそうです。
とりあえず、セッティング終わったばかりなので、インプレはまだできませんが、Dジェトロって別にシビアじゃないのかな?って感じです。まあ、標高高い峠にでもいったらわかりませんが...

エンジンマウント交換

Dvc00150

Dvc00151

純正のエンジンマウントがかなりへたっていたので、クスコの強化品に4箇所とも交換しました。全箇所ともなるとバイブレーションがすごいという話を聞いていたので心配でしたが、アイドリングの際に多少ビビる位で私はそれほど気になりませんでした。以前からかなり揺れていたのでそれに慣れていたからかもしれませんが...。走り出すと全くわからなくなります。シフトは多少入りやすくなった気がしますが、サーキットでのシフトチェンジにはかなり有効かもしれません。まあ、ミッションのカラー交換も合わせるともっといいかもしれません。ウエゲーとラジエターの隙間が5mm程なので、ラジエター保護の意味もこめて装着しました。装着はかなりの力持ちさんじゃないと無理かと思われますw。

おっきいの素敵!

おっきいタービン付けちゃいました。トラストのタービンキットまだ買えるんですね。民事再生で在庫無しという噂を聞いていたのですが、普通に注文できました。タービンはT67-25G-8cmです。ノーマルエンジンには異常にデカイサイズですが、冒険しちゃいまいした。
1
ウエゲーの大気開放です。やっぱ爆音にしたいからトラストですよねぇ。
2
純正が情けなく見えます。つうか、この吸気口でかすぎます!
3
とりあえず、装着!果たしてラジエター入るんでしょうか?クリアランス心配です。
4
何とか収まりました。ウエゲーとラジエターのクリアランスは5mm程度です。純正ラジエターなら問題ないのかもしれませんが...。

まだセッティングしてないのでインプレはできませんが、ブースト1.1kではノーマルタービンの方が速く感じるかな?でも1.3kまで上げれば間違いなくドッカン加速しそうです。まあ、何よりウエゲーのサウンド最高です!

« 2008年10月 | トップページ | 2008年12月 »