フォト
無料ブログはココログ

« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »

中華蕎麦 とみ田(松戸)

2

今日は仕事が早く終わったので、松戸で途中下車して「中華蕎麦 とみ田」にいってきました。某ラーメンサイトでは全国NO1の評価のお店です。時間が閉店間際だった為なんと並ばずに入店できました。ラッキー!ここのお勧めはつけそばですが、私自身つけ麺を食べたことがないので普通の中華そばを注文すると、店員さんが「スープが煮詰まってきたのでつけそばにして欲しい」とのこと。まあ、人気メニューだししかたなくつけそばを頼むことに。つけ麺を食したことがないので、事前に隣の人が食べている様を観察して予習しておくw。まあ、そーめんみたいなもんですね。全然違うかw。程なくしてつけそば目の前に登場。とりあえずスープを飲んでみると濃い!まあつけ麺だからあたりまえか...。麺をもちもちしていて冷たい。冷たい麺と熱いスープに入れて食べるとなんともいえない温度と味のバランス。これがつけ麺か。普通に感動してしまった。麺が冷たいのでものすごい勢いで食べることができる。あっという間に麺を食べ終わりそうになるが問題は残ったスープ。これをこのまま飲むと恐らくえらい濃いはず。周りの人の様子をうかがっているとスープを薄めてもらって飲んでいる。なるほど!私も麺を完食すると店員さんに「薄めてください」とお願いする。どうやら「スープ割り」というらしい。つけ麺業界では常識なのか...。でてきたスープにはなんと新たにチャーシューの細切れやらなんやら入っていて、それだけで一品になりそうなもの。味は非常に濃厚で、魚介系(かつおかな?)の味がよくして美味しい。スープの飲み干し超満足。次回は絶対に中華そばを食べたくなったお店でした。

山岡屋(柏)

20070624150103

柏の家系ラーメンの中でかなり好きなラーメン屋です。メニューは豊富ですがノーマルな「ラーメン」を注文。麺は極太の為、茹で時間7分を要します。ここのラーメンの特徴はやはり「くさうま」なところ。スープはかなり動物系の臭みがありますがそれがまたおいしいのです。この臭さをもっと激しくしたのが柏の猪太(いぶと)というラーメン屋です。ここまで臭いと好き嫌いは分かれますが、山岡屋のレベルは問題ないレベルに感じます。国道16号に面した巨大な店舗の為、ファミリー向けのラーメン店に見えますが、本格的です。次回はもっと脂を増やしてみたいと思います。

壱六屋(大森)

Photo_1

最近は柏のラーメン屋ばかり徘徊してましたが、今日は職場の近くのラーメン屋に行ってきました。ネット上での評価は高かったので期待大です。横浜家系ラーメンとのことで、他の家系とどう違うか興味津々。普通のラーメンの並を注文して待つこと数分、出てきました。家系独特の麺、海苔、ほうれん草。しかしウズラの卵という見慣れないアイテムが。そのほかは見た目上の違いは見受けられませんでした。まずはスープを一口。ん?ミルキー....?という表現が正しいのでしょうか。家系の豚骨醤油の中では味わったことの無い隠し味があるようです。牛乳?ミルク?とにかく第一印象はそれが一番です。その他の麺、具では家系そのものだったのでスープの違いが私の中で評価を決めました。家系の中では私の中では、中の下という評価です。もしかして脂多めで注文したらもっとおいしいかもしれませんが、期待が大きすぎた反動かもしれません。また大森の他店を開拓してみましょう!

麺屋こうじ(柏)

Photo

6/1に柏西口にオープンした「麺屋こうじ」にいってきました。
昼の部、夜の部とメニューが違うようですが、今回は昼の部の「ラーメン」を注文。まだオープン間もなく店員さんの手際の悪さが気になるが、程なくして目の前に現れる。見た目の印象としては、「スープが少ない」、「カツブシの粉末?すごっ」、「横のお茶みたいのなに?」って感じでした。
とりあえず店員さんにコップの中身の正体についてたずねると、どうやらスープが濃い場合に好みで足すものだそうです。
では早速!よく混ぜてスープをすするとなるほど少し濃い味付けです。味は魚介系かつお風味。野田にある「もちもちの木」のかつお風味を少し薄くした感じです。私は薄めの方が好きなのでコップのスープを全て使ってしまいました。チャーシューは炙りで固め。
でも味全体としてはすごく美味しい。柏の中で私のNO1王道家を超えているかもしれません。

Level-R

Asd

首都高バトルオンラインが終わってもう何年になるか忘れてしまったけど、遂にまた遊べそうなオンラインカーゲーを発見。

「Level-R」
http://www.level-r.jp/

首都高バトルオンラインは月額1200円という利用料もあり会員が集まらず撤退してしまったが、Level-Rは現在β版ということもあり無料。ゲームの出来はまずまず。今後どのような課金形態になるか気になるところだが、いい暇つぶしが見つかりました。

« 2007年4月 | トップページ | 2007年7月 »