フォト
無料ブログはココログ

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

終日の出

Img_0821_1

Img_0846

SMBC毎年恒例の終日の出ミに行ってきました。初日の出ではなく、終日の出。つまり今年最後の日の出を見に行くんです。初日の出を見に行こうとするとえらい渋滞に巻き込まれますが、終日の出はさすがにスカスカ。
過去の終日の出ミは夜発のオリエンテーリング形式で行ってましたが、今年は朝4時半集合でツーリング形式。こっちの方が、肉体的にも楽ですw。今年の行き先は霞ヶ浦。過去の日の出の中で一番きれいかも。しかし、集まるメンバーが毎年高齢化していく気が...。

バンジョウボルト交換

先日のFISCO走行時のエキマニ付近からのオイル漏れ、バンジョウボルトの劣化によるものと想像されたので、新品に交換しました。疑わしき場所は下の写真の2箇所。エンジンヘッドからのオイルラインとタービン羽の軸受け部分のバンジョウボルトです。

Img_0772

Img_0767

実際にバンジョウボルトを外してみると、穴が伸びてる?バンジョウボルト自体空洞が多い構造なので、強度がなく、一回でも外したら新品に交換した方がいいかもしれません。

Img_0770

新品に交換して、これで安心してブースト1.5kいけるかな?

Img_0773

目指せデモカー

32

今回のオバフェンの作業をしていただいたボディショップ山中で、私のエボの作業を紹介して頂きました。
http://www.bsy-co.com/cgi-bin/diary-book2.cgi
さすがにリヤのフェンダー加工は大手術だったので私からHPへの掲載をお願いしてましたw。でも山中さんは近くにレプリカで有名なラ・アンスポーツがあって、そこのインプオバフェンの仕事が多いみたい。ラ・アンは最近はスイフトのオバフェンキットもだしたので、山中さんも大忙しかしら。おいらの仕事もあとちょっと残ってるので、また山中さんにお願いする予定です。

ずみ号撃沈シーン

先日のFISCOでのリタイヤですが、友人の車載カメラから私の撃沈シーンが撮られていたのでその部分だけ動画を切り取って頂きました。ご陽気にリタイヤしていくシーンが笑えます。

ここで観れます。
http://homepage3.nifty.com/zumi0925/fissfsdd1.wmv

ちなみに車載カメラを積んでいる車はなんとRVRスポーツギア。エンジンは4g63搭載でタービン交換、ウェストゲート仕様で400馬力を超えてるモンスターです。見た目はオンボロなRV車なので抜かれるとはかなりショックを受けます。そして前を走るワゴン車はほぼノーマルのエボワゴンです。

1コーナーでインからブレーキを遅らせて進入。2台をあっさりとかわしていきます。と見えますが、実は止まりきれなくなりそうで、心臓バクバク状態で進入してます (^_^;) 。コカコーラから100Rをいい感じで抜けていくのがルームミラー越しに見えます。前の黄色いロドスタにつっかかりますが、ヘアピンでアウトからちと強引に抜き去り3速、4速とフル加速。4速に入れ、フルブーストかかった瞬間にオイルを吹いて白煙が。映像で見るとブローしたかのように見えますが、軽症で済みました。しかしエスケープゾーンに白煙モクモクで止まっている私の車を口笛吹きながら、横目にさっていくRVめ!次回リベンジを果たします。

ワイドトレッドスペーサー

Img_0616

Img_0719

ホイールを前後同サイズにしたため、リヤがだいぶ内側にめり込んでおりました。ワイドトレッドスペーサーを購入して対処。30mmのワイドトレッドスペーサーとセンターハブカラーを購入、装着。しかしホイールのRGⅡに問題があることが判明。自分も確認せずに購入したのが悪かったのだが、問題点が2点。
・ワイドトレッドスペーサの厚みが25mm以下の場合、元のボルトが飛び出た分の逃げがホイールにない。25mm以上であればボルトがほぼ全部埋まるので問題なし。
・センターハブカラーの外径が73mmだが、ホイールのセンターの穴の内径が73mm以上あるためハブカラーがすっぽ抜ける。

今回は30mmのワイドトレッドスペーサーだったので問題なかったが、15mmや20mmだった場合はRGⅡは装着できないことに。またGTOのセンターハブカラーはRGⅡでは利用できず、今ではすっかりオブジェにw。

FISCO 2006/12/16

Imgp0855_1

遂に念願のFISCOドライ!走ってきました。超ハイスピードコースなので、スピードの恐怖感を克服できるか心配。最初の1、2周は集団の中でとりあえず様子見。3周目、ストレートエンドのレイトブレーキングで団子から抜け出す!つもりがあまりの突っ込みに止まりきれず、アウトに避けてくれた友人に突っ込みそうにw。さすがにFSICOの1コーナーのブレーキングは度胸と経験がいるみたい...。怖かったw。でもこれで前方がクリアになり調子よくコカコーラ、100Rと高速コーナーをクリア。255タイヤになって初サーキットなので、コーナーでの限界が向上してることを実感。かなりご機嫌にヘアピンを抜け300Rに。3速、4速とシフトアップしアクセルを踏み込んだ瞬間ボンネットから大量の煙が!目の前が真っ白になり、頭の中も真っ白に。とりあえず、エスケープに車を止め、ぼーっとしてみるw。ブロー?いや、アイドリング止まってないから違う。感じとしてはレベルゲージ抜けかと思ったが、その場ではさすがに確認できない。牽引車が来てくれるものかと思い、待ってみるもその気配なし。車から降り、ポストのスタッフに対処方法を聞きに行く。オイルを撒く心配がなければエスケープゾーンをつたってピットまで帰れるらしい。FISCOは改修してえらいエスケープゾーンが広くなっている。みんなが爆走している横をトロトロとエスケープを走る姿は情けない。無事ピットに戻りボンネットを開けるとタービン周りにオイルが吹いている。タービンブローか?→タービン交換か?→ウェストゲートか?なんて勝手な妄想がめぐるがどうやら、ヘッドからオイルが回るボルトの緩みが原因らしい。大した被害でなくほっとした。しかし、3周しか走れずかなりの欲求不満。夜の忘年会でこの欲求不満を解消し、次回FISCOでのリベンジを誓った。

Imgp0880


バリスガレージセール

Top_img

本日バリスのガレージセールに行ってきました。アウトレット品の目次を見ても大したものがなかったので、とりあえず冷やかし程度...といいつつ開始時間の9:30に間に合うべく6時起きw。多少の渋滞に巻き込まれるも相模湖インターに友人との待ち合わせ時間のちょうど9時に到着。多少遅れて友人も到着しそこから20分ほどでバリスに到着。ど田舎とはいえども普段車が集まる場所ではない為、駐車スペースは溢れておりしかたなく路駐(特に迷惑になりそうもありませんが...)。展示品はボンネットばかり。それもバリエーションは豊富なのですが、エボのボンネットがCP系のドライカーボン(青)しかない...。こりゃわざわざ遠路はるばる来た甲斐なし、まあ欲しくなった時に平野から買えばいいや!っと思っておりました。去り際に多少興味のあるパーツの値段を聞いてみると、控えてきた平野の金額より全然安い!。よくよく聞いてみるとFRPパーツ35%オフ、カーボンパーツ25%オフとのこと。なーんと平野より全然安いじゃないですか!この価格はガレージセールでしか出さない金額!という甘い言葉に唆されて思わず、●●と●●ください...。またもや、衝動買いしてしまいました。こりゃブランド品衝動買いする女よりたち悪いですなw。あー、早く届かないかしら...(全く反省の色なし)。

ジュビロ年間報告会

Img_0671

毎年恒例のジュビロ年間報告会に行ってきました。うちの会社がジュビロのスポンサーになっているので毎年お誘いがかかります。去年は行かなかったので、ちょっと久しぶりの参加となります。少し前のジュビロ黄金時代は盛り上がりもすごかったけど、今のジュビロには勢いが感じられません。J1で5位という成績は悪いわけではないのですが、過去のジュビロの成績の推移から考えると全く振るわなかったといっても過言ではありません。以前のアントラーズとの2強時代が懐かしいものです。以前は日本代表が何人もいたのに、今は...。せめて天皇杯で頑張ってもらいたいものです。

Img_0690

Img_0693

年間報告会の私のイベントは、まあミーハーと言われてもしかたないのですが、トップ選手のサイン集めです。毎年ボール、Tシャツ、カレンダーをもってサインをもらいまくるのですが、今回は目玉選手がいないTT。今までもらってなかった選手で欲しかったのは、川口 能活、カレン ロバートですが二人ともいないしw。まあ新たに増えたコレクションはアジウソン監督です。今回のリストは以下の通り。
DF 2 鈴木 秀人
DF 3 茶野 隆行
MF 6 服部 年宏
FW 9 中山 雅史
MF 10 成岡 翔
MF 11 西 紀寛
MF 17 太田 吉彰
FW 18 前田 遼一
MF 23 福西 崇史
MF 25 ファブリシオ
監督 アジウソン
でも、大事な宝物です。オークションにだしたら....

バネ強化

Img_0625

Img_0644_1

ワイドトレッド化及び、タイヤサイズアップに伴いバネの強化を行いました。クスコのZero2Rの標準レートはF7k、R5kですが、1kずつアップしてF8k、R6kにて乗ってました。バネ強化にあたりまずはメーカーの検討を始めたところなんとZero2RのスプリングはフロントがID73というかなり中途半端なサイズ。リヤはID65なのでたいていのバネメーカーでも取り扱っていますが、フロント用のID73はどこを探してもラインアップにありません。本当はSWIFTのバネが欲しかったのですが、しかたなくクスコ製のバネにせざるを得なくなりました。しかもクスコ製のバネはなんと、マックスレートがF12k、R10kまでしかない...。F14k、R12kにしたかったのですがやむを得ず断念。写真は上が今回のF12k、R10k、下が元のF8k、R6K。多少太くなっているように見えますが、実際に足で踏みつけてみると8Kは多少つぶれてくれるのに対して、12kはびくともしません。しかし色は黒だしバネレートをマーカーで見分けるというコスト重視でなんとも味気ない感じ、せめてクスコブルーにして欲しいものです。実際に装着して走ってみるとそれほど乗り心地が悪くなるわけでもなく、多少突き上げ感が強くなった位にしか感じません。これでサーキット走れば、ロールも少なく、よりグリップしてくれることを期待します。後でわかったことですが、フロントはID70でも装着可能とのことw。まあ、次回のレートアップの時こそ前後SWIFTに...。

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »