フォト
無料ブログはココログ

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

バリスエアロ

P1010037

トゥルースのフロントバンパーが割れてしまったので、バリスのフロントバンパーに交換しました。せっかくだったので、フロントフェンダーもバリスに変更。しかし、板金屋に出来上がった車を取りにいってびっくり!こんなフェンダー広がるの?今までも板金で片側約20mm程叩き出してたから、バリスの片側38mmはそれほど広がるとは思ってませんでした。写真ではそれほどわからないかもしれませんが、フロントの迫力すごすぎて、リアがめちゃくちゃみじめ...。フロントタイヤもかなり内側に引っ込んでしまったので、とりあえず20mm位のスペーサーで対応しないといけません。8.5J、225、off30のホイールに5mmのスペーサーかましてるのにこの状態とは...GT-Rサイズ余裕で飲み込めそうです。まあ、リアの対策を考えないと顔面が走ってる状態ですw

FISCO 2006/08/20

Imgp0651

本日8/20、富士スピードウェイ(通称FISCO)にライセンス取得及びスポーツ走行に行ってきました。ライセンス取得には2時間の講習が必要。前日からの二日酔いも相まって、うとうとしてしまう。まあ、講習後に試験があるわけでもないので問題ないんだけど。無事ライセンスを取得し、午後にはスポーツ走行に。走行30分前位から雨がぽつぽつと降り出す。そして走行時間にはなんと土砂降り...。まあ初めてのコースだから慎重に走れるからいいか。せっかくの1.5kmのストレートも200km以上出すとどこにすっ飛んでいくかわからない状態に感じ、抑え目に走行。というより前の車の吹き上げる水しぶきで全然前が見えませんw。次回はドライで全開走行できますように!

LOST

Image_1

久々にエボ以外の話題かも...。お盆休みを利用して話題の「LOST」のシーズン1を制覇(どっか出かけろって)。「24」にはまった経験もあるため、お盆休みの暇つぶしには最適!DVD1枚目、2枚目とドラマは進んでいくが、ストーリーが進まず単に登場人物各々の紹介が続くだけ。いつになったら話が盛り上がってくるのか思い、我慢して観続けるが待てど暮らせど盛り上がらず。とりあえず最後まで制覇するが、残ったこのわだかまりどうしてくれる!怒りさえ覚えるこの作品、こんな面白くないドラマ観なければよかったと後悔...。「24」の次回作に期待しよう。

ETC

P1010011

P1010013

遂に時代の流れに逆らえずETCとりつけちゃいました。年間4000キロも走行しないし、高速道路もそれほど利用するわけではないが、お盆休みで暇だったので...。以前の感覚では高速道路を常時利用する人間や、早い物好きが取り付ける印象が強く、車載器の値段が下がるのを待ってました。今回は車載器の値段が下がったこともありますが、ETC割引の豊富さ、ETCレーンの増加、仲間の取り付け率のアップ等、長いものに巻かれてしまいました。
そもそもETC自体に興味がなかったので、仕組みが全くわからずスーパーオートバックスにお任せw。とりあえずその日のうちにETCを利用できることが大前提。ETCカードの作成方法も店員任せにしていたら、クレジットカード一個増えちゃいましたw。
車載器については、もちろん分離タイプを選択。車載器のセットアップを完了して取り付けに。できるだけ本体の配線出したくないので、サングラスケースに装着してもらうことにしました。しかし、それだけで加工工賃3,000円、取り付け工賃8,000にもなってしまいました。取り付けだけはDIYでやっちゃえばよかったと後悔...。まあ失敗してETCレーンで恥ずかしい思いすること考えれば、まあいっか。


車検切れ

P1010005

自動車税の支払いを忘れていてふと車検証をみてみると、なんと5月に車検が切れてる...。3ヶ月も気づかず乗っていたなんて、想像するだけで怖~。まずは、いつもお任せのクリさんに至急連絡をとり車検をお願いすることに。翌日早速車を預けてきました。車検自体は1日で終わるが、事前、事後の作業があるので1週間車を預け、翌週まで代車としてクリさん号をお借りすることになりました。人の車なので慎重に運転して帰路に着くが、慣れ始めてベタ踏みしてみると、ブーストが1.6近くかかってるw。さすがにブローさせるわけにはいかないので、低めの設定に変更、それでも1.4...。さすがにタービン交換のウエストゲート、常用ブースト1.5k、MAX1.7k仕様は恐ろしい。とにかく、5000回転以上からはじまる、ウエストゲートサウンドに感動!この音病み付きになります。直線では無駄に楽しんじゃいました、クリさんごめん。次回ステップはタービン交換、決定ですか!?

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »