フォト
無料ブログはココログ

« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »

TC2000 2006/05/21

P1010019_1

2006/5/21(日)サーキット倶楽部主催の筑波2000走行会に参加してきました。OH後初の筑波2000の為、期待大です。しかし、台数が1クラス30台エントリーしている為、クリアラップが取れない...。まあ、クリアの取り方も勉強しなきゃダメですね。1ヒート目は様子見の為、早めのブレーキングの走行。裏ストレートで全開するが4速が吹けない。激しいノッキングでエンジンが息継ぎしてる感じ。高回転の部分のセッティングを見直す必要があるみたい。でも1ヒート目から既にベスト更新。目標の1秒以上のタイムアップ、つまり6秒台が見えてきました。問題は6000回転以上のノッキングの為、2ヒート目以降は早めのシフトアップと、裏ストレートは5速まで使って見る。下のトルクは十分なので、6500シフトでも問題なく加速していく。とりあえず高回転は封印して頑張ってみる。1コーナーは3速、最終は4速、ヘアピンのみ2速を使用してみるが結構いい感じ。ようやく3ヒート目ででました!6秒台!満足です。次回はリセッティングして5秒台目指します。

鬼怒川温泉

P1010026
ゴールデンウィークにあまりにも暇だったので、鬼怒川温泉に行ってきました。大型連休にも関わらず、突然お目当てのホテルに明日空いてますか?と無謀にも電話してみたところ、あっさり予約オッケー。直前の方がキャンセル等で予約しやすいみたい。ホテルはダイワハウス経営のロイヤルホテルグループ「鬼怒川温泉 山楽」。とりあえず、ホテルの前で写真を一枚。
P1010012
ダイワハウスは全国28ヶ所にてロイヤルホテルを経営しているが、山楽は別格。当初は接待目的で建設され、一般客が宿泊できなかったホテルである。今でこそ一般客の宿泊が可能となっているが、その造りは贅沢の極みである。宿泊費ももちろん、通常のロイヤルホテルの倍?程かかってしまう。一番安い部屋に宿泊したのだが、写真の通りスイートルームかと思うような広さと造り。温泉地というとどうもさびれた旅館のイメージがあったが、こんなホテルがあるなんて...満足である。
P1010033
まあ、せっかく日光まで来たのだから観光でもしようと「龍王峡」へ。本当はいろは坂をかっとびたかったんだけど、ゴールデンウィークの真っ只中に行ったらストレス溜まるだけだし...。実は直前のテレビ番組「天声慎吾」で紹介されていたので、絶景をこの目で確かめに行きたかったのである。ゴールデンウィークだからか、番組で取り上げられたからかわからないが、駐車場は全く停められないほどの混雑である。少し離れた場所に停めて、足元の悪い道を下って行くと目の前に現れた。うーん、東洋のグランドキャニオン!いや日本の、いや、栃木の...。でも写真の通りすばらしい眺めでした。私的には阿蘇山の噴火口が一番感動した景色かなぁ。日光ではこれだけ見て早速帰路へ...早っ!
P1010041
帰りの東北道を走っていると、帰り道に佐野ICがあることに気づく。佐野といえばラーメン!といっても何味が佐野ラーメンかよくわからないし、佐野のどのあたりにラーメン屋があり、どのお店がおいしいかなんて全くわからない。時間もたっぷりあるし、昼飯に適当に食べようとインターを降りる。まずは佐野駅方面の市街地に向かい、途中の本屋でラーメンマップでも立ち読みしようかと思ったが本屋がないw。しかたなく佐野駅(上の写真)に寄って、駅にの改札に。あった!あった!佐野ラーメンマップ!これが欲しかったんだ。しかし、佐野駅ってこんな田舎の駅なのにえらく立派で綺麗。エコパスタジアム(静岡)のあるJR愛野駅を彷彿とさせた。後はラーメンマップの中のどのラーメン屋に行くかが問題である。事前に行くことを予定してたらインターネットで調べていたのだが、今更インターネット喫茶にいってなんて面倒だ。とりあえず、ラーメン屋の固まっている地域に的を絞り(佐野厄除大師近辺)に向かい、各お店の混み具合を確認。一番並んでいたRa(ら)というお店にしました。お店の外にえらく人が並んでいて30分程待ったが、いざ中に入ると、広い店内に客はまばらw。あら?これってお店の作戦なの?まあ、とりあえず味は...普通のあっさり醤油のちぢれ麺でした。まあ、不味くも美味しくもないって感じ。思わず以前佐野PAでのレストランで食べた佐野ラーメンの味を思い出し「一緒だ!」と心で叫んでしまった。ああ、一蘭のラーメン食べたい...


« 2006年4月 | トップページ | 2006年6月 »